スクール

現在地:ホーム >スクール


S☆CHP

本格的プロフェッショナルなクラシカルホメオパシー療法士育成所

スクール目的

日本でクラシカルホメオパシー療法をプロとして、高いレベルで実践できる人材を育成する。
クラシカルホメオパシー療法士は現代医学の基礎知識、高度なホメオパシーの知識と、人間、自然への深い洞察力を兼ね備え、経験を積んだものではならず、また一般倫理を厳守することを同時に学ばねばならない。
単なる知識としての学習だけではなく、学業年数を通じ、人間力を深め、信頼されるに足る療法士を育てること。
現代医学の分野を基本的には網羅するとともに、アロパス医者とも連携をとり、安全に、安心を供給しながら、きちんとエビデンスを出していける療法士を育てるとともに、ネットワークづくりをすること。

学長 渡辺 奈津(わたなべ なつ)
医師。医療法人あすなろ会わたなべ皮フ科形成外科の理事長兼、併設のクラシカルホメオパシークリニックにて8年間ホメオパシー治療に携わる。ホメオパシーに関しては英国国家資格であるThe President and council of the Faculty of Homeopathy by the Faculty of Homeopathyを英国にて取得。Dynamis School of Advanced Homeopathic studies(ジェレミーシェアーによる3年間コース)Diploma取得。英国のARH会員でもある。Internationalを修了した。ボンベイ・メソッドは人間を7つのレベル全体で捉えることであり、レメディー(源)までナチュラルに導くケーステイキングの芸術性に魅せられ、何年来、セミナーに出席、師事している。
顧問 伊藤 悠子(いとう ゆうこ)
NPO法人子育て運動えん
理事/看護師
1980年代ナイチンゲール研究会、科学的看護論の薄井坦子氏に学び、人の健康と病いの プロセスをホリスティックにとらえる臨床実践の基礎を得る。医療看護の近接領域とのコ ラボレーション、学び合いの機会はジャンルを問わず、その多くは直接提唱者のもとで学 ぶ。2004年より日本におけるクラシカル・ホメオパシーの第一人者、渡辺奈津氏のもと でホメオパシーにおける基礎と臨床を学び、Dr.渡辺オーガナイズにより、2006年〜Dr.デ ィネーシュ・チャウハン、Dr.ラジャン・サンカランに師事。ホメオパシー学徒として、ま たコーディネーターとして人の健康回復の可能性を拡げてきた。

講師紹介

ラジャン・サンカランを初めとするボンベイグループの一流外国人講師が集まりました!
彼らはグループとなり、系統的に、自らのケースを惜しみなく提供し解説し、日本人に真のクラシカルホメオパシー療法士が育成されることに心から協力してくれています。

Dr.Jayesh Shah
ケーステイキングへの献身と磨きのかかった技術、そしてその正確さでよく知られている。ポリクレストから非常に稀なレメディに及ぶ幅広い処方は、彼の長年の経験を物語っている。彼のケースは人間において最も深い経験であると彼自身認めるその粘り強さと忍耐力で知れ渡っている。彼の一歩一歩進んでいく方法によって患者は瞑想の状態へと導かれ、最も核の部分、つまり処方に対して何の疑いのない部分へと到達する。彼が世界中で非常に人気の高い講師であるのも当然である。最近彼はミネラルキングダムについての非常に大規模な研究を終え、病気の理解や治療にトランスパーソナルなテクニックを使っている。
Dr.Sujit Chatterjee
彼のケーステイキングは、数年に及ぶ経験豊富な教育の実践と同様に、 忍耐と貢献という言葉で特徴付けられる。また彼は世界中でも人気があり、 一見複雑なケースを容易に教えることでも広く知られている。彼の講義は徹底していて、そして学ぶ事がたくさんある。いくつもの有名レメディから、Chocolate, Camphora, Pipal (Ficus religiosa), Banyan(Ficus indica), Uranium Nitrate といった新しいレメディのプルービングも行っている。
Dr. Mahesh Gandhi
精神科としての確固とした地位をもつ献身的で熱心なホメオパス。 ムンバイでの多忙なプラクティスでのクリニカルセッションや世界中で行っている講義でもホメオパシー精神科医としての教えを授けている。その冷静さと誠実さで生徒から高く評価されている。
Dr.Paresh Vasani
Vital Quest Softwareの開発に尽力した人物として知られ、非常に 忍耐強い医師である。その長年にわたる経験と、簡素な教育方法で世界中の生徒から尊敬を集めている。
Dr. Rashmi Jaising
彼女の講義は、臨床での経験が誠実な努力で指導においても具体化されている事が特徴的ある。 その誠実で飾り気のない性格で、世界中の多くの生徒から慕われている。
Drs. Shachindra and Bhawisha Joshi
活動的なことで知られるこの夫妻は、臨床と教育の現場での経験は10年に及ぶ。鉱物、ノーブルガス、imponderableとホメオパシー薬品の先駆け的な研究は彼らの講義同様、世界中のホメオパシーにかかわる仲間から高く評価されている。

ほか、ボンベイメソッドを実践している、アメリカ人講師 (スピロ等、渡辺と同じくボンベイで肩を並べ学びあった先生が、自らのケース、自らの失敗成功を シェアしてくれます)

臨床学習について

  • 当校の重点、特徴はこちらにあります。
  • 3、4年生では主に、臨床研修が中心となります。
    臨床研修施設においての臨床見学、臨床実習、そしてスーパーバイズへとステップを踏みながら、その方が一人でクラシカルホメオパシーを実践可能になるまで育て上げます。
  • 実際のケースをどんどん見て、ディスカッション
  • ご自分のケースの発表、ディスカッション
  • ケースを自分でとり、スーパーバイズが受けられます。

大阪にお越しいただくスケジュール

面接、編入希望の方のテスト、1年次ごとのテスト
臨床研修→3年次後半から始まります。面接後臨床研修のコマ数が決まります。